切開をする必要がないのがメリット

部分痩せをすることが出来る美容整形

美容整形クリニック等では、部分痩せをすることが出来る脂肪溶解注射をしてくれるところがあります。脂肪溶解注射は別名メソセラピーと言われるもので、その大きな特徴は切開をする必要が無いということです。美容整形を行ってもらう時に、切開をする治療法だと傷跡が薄く残ってしまう事もありますが、脂肪溶解注射ならその心配がありません。ですので、傷跡を特に気にされる方は脂肪溶解注射を利用してみましょう。
また、脂肪溶解注射のメリットは傷跡が残らないだけではなく、ダウンタイムが少なく施術の時間が短時間で終わる事もあります。切開をする方法だと傷跡が良くなるまで、ケアを行ったり生活に支障が出ることがありますがそれがないので、社会人の方も受けやすい方法となっています。

脂肪溶解注射で部分痩せが出来る場所

ちなみに、脂肪溶解注射を使って、部分痩せが出来る場所は非常に多いです。お尻やお腹の外、太ももやふくらはぎ、更には顎や頬にも注射を打ってもらうことが出来ます。例えば、脂肪が付いてしまって顎が二重になって見えてしまっている方も、脂肪溶解注射を使うことでその二重顎の解消をすることが可能です。また、おしりやお腹等、脂肪がついていると太って見えてしまう部分に脂肪溶解注射をしてもらえば、部分痩せをして体のプロポーションも良くなってきます。
体中の様々な部分に脂肪溶解注射は使えますので、部分痩せをしたいと考えている方は、その施術方法に注目してみましょう。注射の回数はクリニックにより変わりますが、5回程度の注射をしてもらうと効果が現れてくると言われています。

© Copyright Fat Dissolution. All Rights Reserved.