1日で施術は終了するので時間がかからない

脂肪溶解注射は簡単にできるのが魅力

脂肪溶解注射は、注射で薬剤を打つことで脂肪を落とせる痩身術です。注射するだけなので施術は数分程度ですし、入院などもなく一日で行うことができます。また、脂肪吸引とは異なり肌にメスを入れる必要はなく、体に負担をかけないのでダウンタイムもほとんどない手軽さも魅力的です。さらに脂肪溶解注射で使用する薬剤は主に植物由来のものなので、アレルギーの場合などを除き副作用なども心配がありません。
脂肪溶解注射は皮下脂肪があればどの部位でも施術可能なので、気になる箇所の部分痩せができます。特にフェイスラインや二の腕など、脂肪の量としては少ないものの目立ちやすくダイエットでも落としにくい部位を痩せさせるのに適しています。

脂肪溶解注射には注意点も

施術が一日で簡単に終わる脂肪溶解注射ですが、落としたい脂肪が多く薬剤を多く注射する場合には、複数回通う必要もあります。これは、一度に注射できる薬剤の量に限度があるためです。また、注射で行うので広い範囲を痩せさせるのは大変ですし、落としたい脂肪が多く必要な薬剤の量が増えると、費用も高額になっていきます。 一度の施術で劇的な効果が見込める方法ではありませんが、それは逆に言えば自然に痩せたように見せられるということです。さらに、脂肪溶解注射で落とした脂肪の細胞が再び増えることはないので、暴飲暴食でもしない限り半永久的に効果が続きます。注意すべきことも知っておき、脂肪溶解注射で理想的に脂肪を減らしましょう。

© Copyright Fat Dissolution. All Rights Reserved.