体への負担や痛みが少ない

キャビテーションの効果

キャビテーションって何?と思うひともいるのではないでしょうか。キャビテーションは、主にエステなどで行われている超音波を使った痩身治療です。光痩身とは違い、脂肪細胞のみに作用する超音波を使うのが特徴です。超音波をあてる事で脂肪細胞が震え、細胞内に気泡が発生します。この気泡がはじける力が脂肪細胞を破壊し、細胞内の脂肪が溶け出します。破壊されて溶け出した脂肪は、老廃物として血液やリンパを通り、体外に排出されます。これがキャビテーションの効果で、切らない脂肪吸引ともいわれています。食事制限や運動をしても、やせたい部分を減らすことは難しいですよね。キャビテーションの照射範囲はおよそ両手のひら分です。部分的に行う事ができるので、二の腕や太もも、お腹周りなどの部分痩せが可能なのです。

キャビテーションのメリット

細胞を破壊するというイメージで、痛いのではないかと考える人もいるのではないでしょうか。しかし、実際施術を行った人に聞くと、照射した部分が温かくなる程度らしいです。痛みもなく、もちろんやけどをすることもありません。人によっては超音波が骨に当たることで金属音を感じ、頭痛がする場合があります。頭痛が大病につながることはありませんが、気になる時は強弱の調整や、施術をやめる選択も必要です。痛さもなく、傷もできずに部分痩せができるだけでも十分なメリットですが、さらに、リバウンドをしにくいというメリットもあります。脂肪細胞の数が減る為に、マッサージなどの一時的な効果とは違い継続した効果が期待できるのです。肝臓の悪いひとや糖尿病、血管に疾患のあるひとなどは、中性脂肪が上昇するので、施術しないという選択が必要ですが、健康体であれば副作用や後遺症のない信頼の高い痩身技術といえるでしょう。

© Copyright Fat Dissolution. All Rights Reserved.